住宅ローン

住宅ローンのつなぎ融資について

更新日:

つなぎ融資って何?

注文住宅を建てて購入する際、必要なお金を賄うために住宅ローンを使用される方が多いと思います。

住宅ローンの中には、つなぎ融資というローン制度もあり、こちらも注文住宅を建てる際に使用されます。

ひとつの種類と言っても、住宅ローンとつなぎ融資とでは意味と役割が大きく違います。

 

まずはつなぎ融資についての意味と役割をご紹介しましょう。

そもそも、注文住宅を購入する際には、家を建てるところから話は始まります。

どんな家を建てるのか、予算はどのくらいなのか、などなどですが、結局は工事が必要になり、この工事を開始するにあたって費用が発生します。

その費用を工事着手金、中間金と言うのですが、これらの相場がともに建設費の30%程度です。

総額の割合でないだけそこまで多額にはならないのですが、十数万円となることもあり、この資金が元手となって住宅会社が工事を進めていきます。そして、完成後に残金を支払うことになっていますが、多くの人がこの残金を住宅ローンで支払うことになるでしょう。

ただ、この工事着手金と中間金は事前に支払わなくてはならず、この時点では住宅ローンは適用されません。

住宅ローンの適用は原則として、建物が完成してから、保存登記がされていなければならないのです。

そのため話しか進んでいない現在の状況、書類上で言えとして認められてはいない状態ではローンを受け取れないために、現金で支払わなければならなくなるのです。

そのため、住宅が完成して保存登記がされるまでには、着手金と中間金を現金で支払わなければならず、完成してから保存登記がされてからは、金融機関が本審査を行って通過したのちに、これでやっと住宅ローンが適用されて、それがローンでの支払いができます。

しかし、着手金と中間金はローンでは支払うことができません。

ここでやっとつなぎ融資がでてきます。つなぎ融資は名前の通り、つなぐこと、住宅ローンが適用されるまでの間の支払いにかかるお金を住宅ローン適用前に融資してもらえるというものです。

住宅ローンにつなぎになるお金の借入ということでつなぎ融資と言われているのですね。

もちろん、工事が完了して保存登記がされてしまえば、住宅ローンに変ります。

多くの場合はつなぎ融資は住宅ローンを利用する金融機関から受け取りますが、全ての金融機関がつなぎ融資を行っているというわけではなく、つなぎ融資を利用したいと思っているのであれば、金利などを調べるよりも先に、つなぎ融資に対応しているかどうかを確認しなければならないと言えますね。

なお、つなぎ融資を受け手から住宅ローンが適用されるまでの期間では、8万円前後の初期手数料と毎月の利子が日割りで発生し、それを支払うことになります。

つなぎ融資の金利相場は2.5%から3%となっており、住宅ローンと比較すると高めに設定されています。

非常に便利ではありますが、金利が高めということもあってこちらを必ず利用すべきとは言い辛いですね。

実際、つなぎ融資を受けるときの注意点は何よりも融資を受けたあとから保存登記がされるまでに発生する金額が、日割りで計算されるところにあります。

日割りでも月割りでも、予定通りに事が進めば何一つとして問題はないのですが、新築現場ではトラブルがつきもので、着工後にトラブルが発生して数日から十日位は予定よりも期間が長引いてしまうことがよくあります。

で、日割りですのでつなぎ融資で発生する金利は、このトラブルによって遅延が発生するだけでも、延びれば延びるだけ余分な金利が発生してしまうことがあるのです。

発生してしまうものは仕方ありませんが、着工する前に住宅会社やプランをしっかりと精査した上で、トラブルが発生しないスムーズな家づくりをこころがけるべきだといえますね。

 

着手金と中間金を必要としないケースも

着手金と中間金は必ず発生するものでもありませんし、絶対に30%ずつというわけでもありません。

発生することがあることと、相場が30%ずつというのが一般的な例であるというだけです。

割合などは基本的に住宅会社が決定します。

他にも中間金を2回支払、合計で4回の支払いで合計25%の中間金を求めるという場合や着手金と中間金両方ともに必要としないという会社もあります。

中間金や着手金以外にも、契約金を求めるタマホームのようなケースもあるようです。

タマホームは規模の大きめのハウスメーカーで、後程建設費用に含まれることになるようですが、最初に予定していた以上に支払いをしなければならなくなると、結構お金の管理が面倒になってしまいますね。

いずれにせよ、中間金などが発生するのか、またはそれらがどれくらいの値段になるのか、などは住宅会社の体制や規模によって異なってきます。あとあとこんなお金が必要だなんて知らなかった、ということにならないように、契約をする前にいろいろと調べておくといいでしょう。

 

1

メーカーごとの坪単価と特徴 ハウスメーカーごとに坪単価は違います。注文住宅を依頼するに当たってはこの坪単価は大きな判断材料になるかと思います。 ですので、ハウスメーカーごとの坪単価をまとめておきました ...

2

ある調査で、家を建てて満足しているかという調査において、なんと二人に一人が「後悔をしている」という調査結果が出たとされています。 新築住宅を検討しているという方もいらっしゃると思いますが、このように後 ...

3

住宅購入を考えているけれど、自己資金や住宅ローンの融資額に不足がある場合はどうしたら良いのでしょうか? よくあるのは親からの資金援助を受けたり、親と共有名義にしたりなどの方法です。 自己資金を補ったり ...

-住宅ローン

Copyright© ハウスメーカーを坪単価で賢く比較してみた , 2019 All Rights Reserved.