建売住宅に住んで一年、満足です

一年前に某パワービルダーの建売住宅を購入しました。
家族構成は夫、妻、3歳と1歳の子供の4人です。
結論から言うと「買って良かった!」と思っています。

私達が購入したのは、約50坪の土地・4LDK30坪の二階建ての住宅です。
建売を選んだ一番の理由は価格の安さです。
注文住宅を建てるよりも少なくとも500万円は安く済みました。
ただ実際は売りに出されている建物本体価格で購入できたわけではなく、それなりの諸費用がかかりました。
具体的には仲介手数料、オプション費用などです。
他にも住宅ローンの手数料や保証料、登記費用なども必要で、結局本体価格の他に300万円はかかりました。

もちろんオプションは自分で選べるので予算内に収めれば良いのですが、カーテンレールや網戸などの生活必需品もオプションだったので全く付けない訳にはいきません。
他にはテレビアンテナやバルコニーの屋根、洗濯物干し、食洗機などを付けてもらいました。

建物住宅は欠陥が多いと言う話を聞いたことがありますが、一年住んで今のところ不具合はありません。
入居前のチェックや、入居後の定期点検もしっかりとしているので特に不満はありません。

私達は建物が完成する前に購入したので、コンセントの位置や数を変更してもらうこともできました。
これが大正解で、例えば物置の中に追加したコンセントは掃除機の充電に大活躍です!
他にもポストの位置を変更することで車も駐車しやすくなりました。
着工前なら値段はそのままで外壁の色やドアなども選べるらしく、そうなるとより自分好みの家になるのではないかと思います。

もちろんお金を掛けた注文住宅に比べるとシンプルではありますが、そのぶん使いやすい家だと思います。
価格が安いだけローンが少なく住んだので、月月の支払いは賃貸時代よりも安くなりました。
背伸びをして注文住宅を買うよりも、建売住宅でゆとりのある生活をするほうが私には向いているな、と感じる日々です。
そういうわけで、一年住んだ結論は「買ってよかった!」です。