注文住宅

注文住宅会社はどう選べばいいのか

更新日:

住宅会社選びで失敗しないためには

これから家を建てようというときに、いざと初めて見ようにもまずはいろいろと調べることがありますね。

その中でも真っ先に調べなければならないのは、いくつもある住宅会社の中からどこを選ぶかです。

何を基準に選べばいいのか、初めての方には分からないもので、非常に迷ってしまいがちです。

ですので、住宅会社選びに悩んでいる方のためにも、効率よく情報を集めながら、自分自身にあった住宅会社を見つける方法をご紹介したいと思います。

それらを知れば悩みも解決するきっかけとなるでしょうし、家づくりがどんどん楽しくなり、理想の家を作る大きな一歩を踏み出せるはずです。

 

そもそも、住宅会社選びに悩んでしまう根本的な原因は昨今の圧倒的な情報量の多さです。

サイトを見ても自社のいい部分をひたすらにアピールするばかりで、どこもいいんじゃないのと利用者を困らせてしまっています。

しかもいい情報ばかりを掲載しているものですから、判断材料にするにはもう片面である悪い部分を知ることができず、住宅選びには全く役に立たないんですね。

そればかりを見て選ぶとすぐに住宅会社選びに失敗することでしょう。

注文住宅は利用者自身の希望に合わせて、希望に沿って作り上げていくものですから、カタログに載っている施工事例とは金額と出来栄えの両面でも違いが出てきます。

なので、広告などに乗っている文言を全て鵜呑みにしては契約後に話しが違うなんてことにもなりかねません。

全く別の観点から住宅会社を選ぶ必要があるのですが、その観点あるいはその方法を一言でいうと、相見積を取ることです。

相見積によって、自分に合わせた情報を比較して選ぶのです。

 

相見積が非常に効果的。その理由とは

相見積は端的に言えば見積書を複数採って見比べることなのですが、見積もりをとることによって、住宅会社ごとのプラン、金額、坪数、工期などなどの詳細情報を仕入れることが出来ます。

詳細でなおかつ具体的な情報が得られるので、まず自分自身が求めたい条件などがパッと見で見抜けるようになります。

また、それ以上にこの相見積が効果的だと言える最大の理由がありまして、それこそが、カタログや広告、サイトでは知ることができない各社ごとの特徴や問題点を洗うことができるのです。

 

要するに、相見積だと長所だけではなく短所も明らかになるんですね。

この短所が分かるという点が何よりも大事なんです。とにかくいい部分だけをアピールしようとしてくるカタログや広告だと、不利になりかねない短所は全て隠してしまいます。

もちろん、短所の無い人間が存在しないのと同じように、住宅会社にも短所が無いはずもありません。

Aという会社にはいくつかいい部分はあるけど、足りない部分がある。

Bという会社はその足りない部分を抑えているけど、A社よりも少し条件が悪いといったように、各社ごとに何があって何が無いのか、何が良くて何が悪いのか、ということを見積もりで確認することができるのですね。

 

また、見積もりは嘘を吐かないもので、その会社ごとの実情がはっきりと現れ、正確に把握することが可能です。

その実情を知ることで、迷うことなくどの住宅会社がいいかを選ぶことができるようになります。

気になった箇所を改善して見たり、不要な物を削ったり、プランや予算を調整して見たり、見積もりを見ることで結構直した方がいい部分というのが見えて来るので、実は注文住宅を安く購入するための要素を知る大きなチャンスでもあるんですね。

そうすることで無駄のない洗練された家づくりが可能になります。

 

それらの点も相見積が非常に有効になる点でもありますし、相見積は同じ条件で見積もりを取るのですが、その際には同じ条件で一番安い会社と一番高い会社を見抜くこともできます。

200万円から300万円の差額が発生するなんてこともざらにあります。

もしも相見積をしないで適当に契約していたらと思うと、多額の損をしてしまったかもしれませんね。

もちろん、一番安いところは安くなるだけの理由があり、その理由は決していい物ではありません。

けれど一番安くとも相見積で他社と比較をして、ここなら大丈夫だという根拠があれば安心してお得な住宅会社に任せても大丈夫だと思います。

 

相見積はどうやって取ればいいの?

さて、相見積の有用性をご理解いただけたところで、相見積の取り方をお教えしましょう。

複数の見積もりを獲るのは大変そう、時間がかかるんじゃないのか、と思ってついつい敬遠しがちですが、実際はそこまで難しいものではありません。

時間と労力は確かにかかる部分はあります。

一社一社直接出向いて打ち合わせをする場合であれば、各社から契約を迫るプレッシャーなどもあって面倒です。

けれども、最近では無料で一括の相見積がとれるサービスがあります。

タウンライフというサイトですが、こちらはあらかじめ審査された、地域の優良工務店やハウスメーカーから一括でプランの提案と見積書を作成してもらえると言うものです。

ネットで利用することが出来るので、自宅に居ながら手軽に見積もりを取ることもできます。

なので、忙しくて時間が無くても大丈夫です。

もちろん、手間もほとんどかかりませんし、プレッシャーをかけられることもありません。リビングでのんびりしながら見積もりを見ることができます。

評判も非常によく、押し売りをされてしまうこともありません。各社から資料やプランなどの提案書が届き、それらを参考にして、利用者のペースで見積書を作成してもらうことができます。

自分自身のペースで、しかも他社の資料や提案書と比較しながら、バランスよく見比べながら、しかもスムーズなやりとりもできます。担当者との直接的なやり取りも無く、ネットでささっと手続きをするだけ。

なので、タウンライフは時間と心にばっちりと余裕を持って、場合によっては家族とじっくりと相談する時間もとりながら、いい住宅会社を見つけることが可能です。

もしもこれから住宅会社を選ぼうと思っているのであれば、まず第一にタウンライフを使用することをおすすめします。

 

タウンライフの気になる点

最後に、利用者が気になるいくつかの点の紹介をしましょう。

 

まず、利用したときに契約を迫られるかどうかです。こちらは全く問題ありません。

見積もりの実のサービスですので、契約を迫られたり斡旋されることは一切ありません。

 

次は仲介料が発生するかどうかです。

こちらも端的に言ってしまうと、仲介手数料はゼロです。安心してください。

 

三つ目は迷惑電話はかかってこないかです。

他のサイトだと、利用したのちに迷惑電話がかかってくるなんて経験をした方がいらっしゃるようですが、こちらも大丈夫なようです。

 

四つ目は、タウンライフを勧める他の理由はあるのか、というものです。

タウンライフは他のサービスと比較すると、得られる情報の質の高さ、相見積を前提としている点などがおすすめできる点です。

手軽さも随一ですので、簡単に利用することが可能な点もおすすめですね。

 

最後に、申し込みからの流れです。

最初に入力内容の確認連絡があり、その後は利用者、こちら側の状況に合わせて適切なやり取り方法を希望することができます。

後日に、希望条件に合わせた新たな資料が送られて、そこからさらに相談や詳細プランの作成に入るようになっています。

相見積は有用な方法であり、それを簡単にできるタウンライフは非常におすすめですので、ぜひとも利用してみてください。

1

ある調査で、家を建てて満足しているかという調査において、なんと二人に一人が「後悔をしている」という調査結果が出たとされています。 新築住宅を検討しているという方もいらっしゃると思いますが、このように後 ...

2

住宅購入を考えているけれど、自己資金や住宅ローンの融資額に不足がある場合はどうしたら良いのでしょうか? よくあるのは親からの資金援助を受けたり、親と共有名義にしたりなどの方法です。 自己資金を補ったり ...

-注文住宅

Copyright© 家を建てるにはまず , 2018 All Rights Reserved.