注文住宅?建売?予算はどれくらい?【2018年版】

家を建てる前に

土地

注文住宅の土地探しは誰に相談するべきか

更新日:

家を建てるためには当然土地が必要です。土地を所有していない人はまず土地を探さなければなりません。

しかし、土地をどうやって探したら良いのか、どのように購入すれば良いのか知っている人は多くないでしょう。基本的には誰かに相談しながらすすめていくことになるはずです。

 

◯土地価格の相場

まず、注文住宅を建てるために購入された土地価格の相場と平均面積についてチェックしてみましょう。

2016年のデータでは以下のようになっています。

・首都圏

土地価格:2077万円

面積:146㎡

・近畿圏

土地価格:1500万円

面積:154㎡

・東海圏

土地価格:1274万円

面積:200㎡

・その他

土地価格:864万円

面積:224㎡

 

都市部ほど相場が高く、面積が狭いです。都市部である程度の土地を探すのは大変です。

 

◯土地購入の相談先

土地を探す時の相談先としては、不動産会社とハウスメーカーや工務店などの住宅会社の2つが挙げられます。

このどちらに相談すべきかは意見が分かれており、不動産に詳しい不動産会社に相談すべきだという人もいれば、家を建てるのだから住宅会社にするべきだという人もいます。

 

◯不動産会社

まず土地を購入してから、住宅会社を探すという人も多いです。

不動産会社の持つ最も大きな強みは、地域の特性に詳しいということです。

駅やバスなどの交通網から、スーパーや学区についてなどの知識が豊富で、住みやすい場所を求めている場合にはピッタリです。

過去にあった災害や事件。治安についてなども詳しい話を聞けるでしょう。また、これからこの地域がどう開発されていくかという情報も持っています。

地域の行事や習慣、近隣住民についてなど、地域に密着した情報を持っているのは不動産会社だけです。

ただ、注文住宅を建てる場合、土地を先に決めてしまうことには注意が必要です。

土地さえあれば、どんな住宅でも建てられる訳ではありません。土地の状況によっては選択肢が狭まったり、建築が困難になったりするためです。

家はとても重い構造物であるため、建物の種類や地盤の強さによっては補強工事が必要になります。地盤の改良や補強工事には数百万円以上かかる場合もあります。

土地の形や広さ、場所も重要です。構法によっては、狭い土地や変形地、奥まった土地への建設が困難です。先に土地を決めてしまうと、希望していた住宅会社で家を建てられない可能性があります。

また、奥まった土地は安価であることが多いのですが、重機が入らないほど入り口が狭い土地の場合、工事費用が高くついてしまう可能性があります。

 

◯住宅会社

住宅会社との土地探しには、家や建築に関する強みがあり、そこに建てる住宅について考えながら土地を探せるというメリットがあります。

土地の形や立地なども条件にいれて探すため、土地を買ってからこのメーカーでは建てられないと断られてしまう心配もありません。

予算の配分について考えやすいのも利点です。土地と建物にどの程度配分するか考えながら探せるため、予算オーバーにはなりにくいです。

ただ、住宅会社と探すと、建物優先の土地探しになりやすいです。便利で狭い土地よりも、不便で広い土地を選んでしまいやすくなるため、立地の良さを重視している場合は注意しましょう。

また、不動産会社に比べると地域についての知識は弱いです。地元密着型の小さな工務店であれば地域の情報にも詳しいですが、全国展開している大手ハウスメーカーとなると、地元の情報には疎いです。

住宅会社は土地がなければ家を建てて貰えないため、土地探しは真剣に行います。場合によっては、不動産会社と価格交渉をしてくれることもあり、予算が厳しい場合には頼りになるでしょう。

 

◯両方の話を聞こう

土地探しを不動産会社に頼るのにも、住宅会社に頼るのにもそれぞれメリットがあります。

時間はかかってしまうことになりますが、どちらか片方ではなく、両方の話を聞くことを強くおすすめします。いろいろな人の話を聞き、しっかりと情報収集すれば失敗の恐れ馬はありません。

 

◯不動産会社相談する際の注意点

土地は購入の意志を示してから一定期間キープできる仕組みになっています。キープできる期間は不動産会社によって異なりますが、一定期間を過ぎると他の人に土地が買われてしまう可能性があります。

土地を先に決めてしまった場合、契約期限までの間に住宅会社を決定する必要があります。土地だけ先行して探していると間に合わなくなってしまう可能性が高いです。また、短時間で依頼先を決めたりプランを練ったりすると後悔のもとになりやすいです。

こうした失敗を防ぐために、土地探しと平行して依頼先を探しておくと良いでしょう。

ハウスメーカーや工務店を決めてしまう前に土地を購入する場合は、さらに注意が必要です。

先に述べたように、土地の状況によっては建築が難しい会社もあり、選択肢が狭まります。また、更地の土地は建物のあるものに比べて税率が高いです。無駄な税金を払わないですむように、土地を購入したらすぐに家づくりを始めるようにしましょう。

1

ある調査で、家を建てて満足しているかという調査において、なんと二人に一人が「後悔をしている」という調査結果が出たとされています。 新築住宅を検討しているという方もいらっしゃると思いますが、このように後 ...

2

住宅購入を考えているけれど、自己資金や住宅ローンの融資額に不足がある場合はどうしたら良いのでしょうか? よくあるのは親からの資金援助を受けたり、親と共有名義にしたりなどの方法です。 自己資金を補ったり ...

-土地

Copyright© 家を建てる前に , 2018 All Rights Reserved.