新築戸建て購入で大失敗! 物件探しの前にまず行くべき場所はここだった!

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。

「こどもが大きくなったら広い部屋と庭が必要。絶対に家は買ったほうがいいでしょ。」

と妻に意気込んで相談した。

「そうね、幼稚園に通いだしてお友達ができたら、家に招待したいしね。」

妻も前向きな返事をくれた。

「それなら、今週末にでも、ポータルサイトで見かけた条件にあった物件に行ってみよう!善は急げだ!」

私は、人生で一番大きな買い物に興奮し、とにかく物件を見てみたいという思いで、近所の分譲会社を訪ねた。

初めて訪れた分譲会社で、夢はどんどん膨らんだ。

「このエリアはなかなか物件が出ないんですけど、ちょうどこの前出たばっかりなんですよ。」

「最近は2階リビングが人気で、日当たりも良くて便利なんですよ。」

「今なら値下げできる可能性もありますよ。」

分譲会社の営業さんの話しに乗せられて、期待は高まって行く。

「早速この物件を内見してみたいです!」

そこからすぐに、内見させてもらい、具体的なプランの検討がスタートした。

「すぐに押さえてしまわないと、なくなってしまうかもしれません。」
「具体的なローンのプランも作成しましょう。」

ローンのプランも言われるがまま決まり、せかす営業さんに後押しされ、1週間後には、契約を済ませた。

ただし、一目惚れしたこの物件の予算は、想定を大幅に超えてしまっていた。

しかし、勢いづいた私は、止まらなかった。

「これから給料も上がるし、何とかなるだろう」

妻にも自信たっぷりに話した。

しかし、実際には何ともならなかった。

審査枠一杯で借りたローンの返済額は、月13万8千円。

自分の収入だけでは、生活費とローン費用をまかなうことができなかった。

「大変そうだから、私も働くよ。」

妻もスーパーにパートに出てくれることになったが、それでも月の生活はぎりぎり。

貯金を切り崩すことも多くなり、貯金残高は減る一方・・・

「こんなはずじゃなかったのに。」

いきおいで、新築一戸建ての購入を決めてしまった自分を激しく責め、後悔した。



ある時、同じ時期に家を買った大学時代の同級生しんやと話す機会があった。

「お疲れ!お前も家買ったらしいじゃん。どう、新築の家は?」

しんやは笑顔で話しかけてきた。

「ぶっちゃけ、後悔してるよ。月の支払いが苦しくて。」

私は、暗い顔で、答えた。

「そんなに大変なの!?俺は賃貸に住んでた時とそれほど変わらないよ。」

しんやは、真面目に驚いた顔をした。

「そうなの!?おれなんて月14万弱くらい払ってるよ。」
「そりゃ高すぎだな。俺の給料でも払えないよ。お前、ちゃんと事前に条件整理して仲介業者にも協力してもらったりしたのか?」

私は、はっとした。

「仲介業者なんて一切関わってない。善は急げと思って、最初に見つけた分譲会社で決めちゃったから。」
「だからそんなに無理があるローンなのかもな。俺は、まずは不動産仲介会社へ行って、条件整理してから物件選びをしたよ。」

どうやら、私の後悔の原因はここにあったようだ。

「わざわざ仲介業者と一緒に条件整理したの?手数料かかるでしょ?」
「まあね!でも人生で一番高い買い物だからね。しっかり条件整理してもらったおかげで、1週間でぴったりの物件をみつけてくれたよ。」
「そうなのか、同じ1週間でも天と地の差だな。」

家に帰った私は、ネットを調べてみた。

新築の戸建てを購入する人がどれくらいの物件を比較検討するものなのか、今更ながら気になったためだ。

ネットで見つけた記事によると、何と、検討する人は、平均6物件を比較しているというデータがあるそうだ。

しんやは条件に近い物件を4、5物件みせてもらったと言っていたが、それでも少ないほうだったのだ。

1つの分譲会社の物件だけ見て決めてしまった自分が情けなくなってしまった。



翌日、しんやを昼ごはんに誘った。

「昨日調べてみたんだけど、家を買う人って、複数の分譲会社の6物件は比較してるみたいだね。1つの分譲会社だけで決めた自分が馬鹿らしくなってきたわ。」
「そうだろ、みんな比較して検討してんだよ。物件はただやみくもに探すんじゃなくて、事前に自分たちの希望や予算計画を固めてプロに相談することが大切だな。検討物件も1つだけだと、もし割高な見積もり出されててもわかんないよ。同じ条件で、複数の物件をみてみると、違いがはっきりするし、費用を抑えることもできる。予算に関しては、月いくらまで払えるか試算しておくことは必須だね。」
「そうだよな。急いで1つの分譲会社だけ見て決めたのがいけなかったわ。」
「あと、オレの場合、地元密着の不動産仲介会社へ行ったのが良かったよ。物件のことだけじゃなくて、地域のこともよく知ってるし。家の前の道路が抜け道で、平日だと狭いのに交通量が多いとか、そういった情報も伝えてもらえるから安心できた。」
「自分で探せないような地元の物件も紹介してもらえて、相談にものってもらえるのか。」

私は驚いた。
自社物件を売るしか無い分譲会社と違って、不動産仲介会社であれば、予算や希望の条件などを伝えるだけで要望にあった複数の会社の物件を比較できるのだ。

ネットで検索してみると、しんやの利用した不動産仲介会社(西武開発)を見つけることができた。

この会社は埼玉、東京エリア中心の地元密着の仲介会社だ。

「最初に不動産仲介会社へ行っておけばよかったね・・・」

妻の一言が心に突き刺さる。

しかも相談へ行くのは、無料だ。

無料であれば、まだ何も決まっていない段階から気軽に利用できる。

まだ探し始めたばかりだからと躊躇している人は、このような無料相談をまず利用することをお勧めする。

自社物件を売るしか無い分譲会社と比べると、複数の業者の物件を一気に比較できるため、スピーディーに検討でき、費用を押さえて家を買うためのヒントも得られるからだ。

予約は、名前、電話番号を入力するだけなので、1分程度でとても簡単。

ぜひこういった不動産仲介会社を味方につけて、賢い家さがしをしていただきたい。

それが理想のマイホーム取得への最短経路だと確信している。

更新日:

Copyright© ハウスメーカー坪単価を賢く比較 , 2019 All Rights Reserved.