新築時に知っておきたい床暖房の種類と特徴


住まいで快適に暮らすために冷暖房設備をどうするのかを考えておくことは重要です。
そこで新築時に暖房設備のひとつとして床暖房を検討される方に種類と特徴を、ご紹介します。
寒冷地で足元の冷え込みが厳しい地域や床に座って過すことの多いお子様のいるご家庭や、寒さで足腰の具合が悪くなるような高齢者の方には、床からの暖房は喜ばれる設備機器です。

床暖房の特徴とメリット

床暖房はフローリングの下に熱を発する設備を敷き床の表面を暖める暖房機器です。
床暖房の特徴は、ふく射熱により室内全体を暖める事ができることです。ふく射熱とは、熱を持った物体は赤外線が出ており、その赤外線により温められることです。ですから床を暖めた熱が室内の壁や天井に反射して、お部屋全体が均一に温まることになります。
暖房機器といえばエアコンやファンヒーターが主流ですが、こちらは対流式で熱せられた空気の比重が軽くなり冷たい空気が下に降りて来るので、室内での温度差ができ頭の方が暖かくても足元は寒いという状態にもなりやすいのです。もちろん温風で空気を循環させているのですが長時間の使用では乾燥が気になる方もいると思います。また石油ファンヒーターや石油ストーブなどの燃焼式の暖房器具は空気の汚れや臭いがありますが、床暖房は室内に燃焼させるものがないので空気が汚れず風も出さないので、ほこりが舞わず乾燥することがないのもメリットです。
また暖房器具の出し入れの必要がないのもメリットといえます。

床暖房のデメリット

床暖房のメリットな部分は魅力的ですがデメリットも知ってから設置をするかを検討しましょう。
床が温まるまでの時間がかかるのでタイマーを使って使う必要があります。
また無垢材のフローリングにしたい場合はフローリングの材質に気を付けましょう。床暖房対応の無垢フローリングもありますが無垢の木材は温度差や湿度などで木が伸び縮するので、床暖房との相性が良いとは言えないので、あまりおすすめはしません。
そして床暖房の方式や、その他の設備機器との組み合わせなどで施工費やコストパフォーマンスに違いがあるので、それらのことも一緒に考え見積と器具の性質を考慮して検討しましょう。

床暖房の種類

床暖房の方式は大きく分けて電気式と温水式に分けられます。
そして電気式も蓄熱式・PTCヒーター式・電熱線ヒーター式のタイプに分けられます。
それぞれの特徴を見てみましょう。

電気式

・蓄熱式
深夜電力の割安になる時間に蓄熱をして電気料金を抑えながら床暖房が使える仕組みで広い範囲に設置することで高い効果のが得られるタイプです。
メリットは、室内の温度差が小さい。深夜電力の電気代の割安な時に蓄熱をするので電気代が他の電気式よりも安い。基本的にメンテナンスが不要。
デメリットは、蓄熱体とコンクリート工事、断熱材工事が必要となるので設置工事が高価。工事の内容から新築時の設置が基本となる。長期的な使用が基本となるので細かな温度管理ができない。
・PTCヒーター
設定温度より高くなった部分の発熱を抑えてくれる温度センサー付きのパネルを使用したタイプです。
メリットは、温度センサーの自動温度調節機能で省エネをしてくれる。ヒーターが薄いので床高を上げずに設置ができる。
デメリットは、暖かさを感じるまでの時間がかかる。敷設率が低いため床全体が温まりにくく場所によっては冷たく感じる部分がある。
・電熱線ヒーター
電熱線ヒーターのパネルを使用したタイプです。
メリットは、他のタイプに比べてパネルのみの設置なので設置費用が安価。部分暖房ができるので必要な無駄な電力を消費しません。
デメリットは、割安の電気料を使わず暖房を使用する時の電気代金になるので長時間や広い範囲で使用する場合はランニングコストが高い。

温水式床暖房

温水式はパイプに温水を流して温める方式で給湯器で沸かした、お湯を使用するので給湯器のタイプで温水電気式床暖房・温水ガス式床暖房に分けられます。

温水電気式

多機能型エコキュートのヒートポンプか床暖房専用のヒートポンプで沸かした、お湯を利用して床を暖めます。
メリットはヒートポンプの熱源は電気ですが高効率なので電気式に比べると電気料金を抑えられる。またエコキュートを使用される場合にはオール電化とされる場合が多いので電気代が安くなります。
多機能型エコキュートとの設置ではパイプのみの施工なので設置費が安価。
デメリットは、エコキュートのタンクの容量は多めにしておかないと割安の電気料金で沸かしたお湯がなくなると昼間の高い電気代の時に、お湯を沸かすことになり電気代が高くなります。
エコキュートはガス給湯器に比べると高価。床が温まるのがやや遅めです。
・ガス式
ガス給湯器で沸かしたお湯を利用します。必要な時にお湯を沸かしパワーもあります。
メリットは、給湯器がコンパクトでヒートポンプより安価。温まるのが早い。パワーがあるので複数の部屋での利用も大丈夫。
デメリットは、エコキュートよりも初期費用は安いがランニングコストが割高。

床暖房のメリットは魅力がある暖房器具ですが、設置費用とランニングコストまた設置する広さや使用する時間などを考慮して選びましょう。設置には条件もありますし給湯器との関係や床材の選択にも影響があるので設計段階で、はっきりさせる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です