注文住宅の依頼先はどこにするか

土地探しと融資のメドがつき、建てたい家のイメージや大きさがまとまってきたら設計と施工業者を決めることになります。
ではどのように設計と施工業者の依頼先を決めていけばよいのかを、ご紹介します。

依頼先を決めるには

まずは設計と工事を同じ業者に依頼するのか別々のところに依頼するのかを決める事から考えます。
家の設計は建築士・工務店・建設会社・ハウスメーカーでできますが建てたい家のイメージや希望が細かくあったり斬新なデザインや造りにしたい場合は、ご自分のイメージを叶えてくれる建築士を探し設計してもらう方がよいでしょう。
またそれほど複雑な要望がないのであれば工務店や建設会社・ハウスメーカーに一括で設計施工してもらうのもよいでしょう。
どちらにしても親身になってアドバイスをしてくれる信頼のおける業者を選ぶことが大切です。
すでに家を建てた知り合いから紹介してもらうのも安心できる依頼先探しにはよいと思います。

建築士に依頼する場合

雑誌や建築士探しサイトなどで紹介されている外観や内装で気に入った家を見つけてみましょう。
そして、その建築士がこれまでに手掛けた家を実際に何軒か見せてもらいましょう。
見る所としては外観が素晴らしくても住みやすさに問題があったりスタイルにばかりこだわって家本来の機能を犠牲にしている設計になっていないか等をポイントにします。
また機能を重視するか設計を重視するかの方向性や、ご自分のイメージを伝えて論議して建築士の意向等をよく聞いてみましょう。
そして建築士に設計を依頼した場合は監理も、お願いするのが一般的です。
監理とは設計図通りに工事が行われているかどうかのチェックと設計内容についての責任を持ってもらうことです。
施工は建築士に相談し、あなたの家の設計にふさわしい施工業者を紹介してくれる場合もありますし設計を元に工務店や建設業者に相談をして決めていく方法があります。

ハウスメーカーに依頼する場合

住宅展示場を見て回り注文住宅対応のハウスメーカーで、ご自分のイメージや構造工法に合った家を見つけます。
資材の選択が限られている事もあるので内外装材の仕様の選択の種類を確かめる事も重要です。
そして営業の方との打ち合わせで納得できる設計と仕様ができそうであれば設計と工事の一括をハウスメーカーに依頼することになります。

工務店・建設会社に依頼する場合

まず地元の工務店から考えてみましょう。
地元の業者の場合は、これまでの実績や評判も確認しやすいですし地場の資材を上手に活用できコストダウンの交渉にも応じてくれます。
資材の選択はある程度自由がききます。
ご希望の内外装仕様を伝えて検討してもらいましょう。
また建築士のいる工務店では設計と施工の両面からのアドバイスで設計を進めることができます。
独自のスタイルや無垢材にこだわった内装材仕様の建設会社もあります。
そのスタイルや仕様が気に入れば、そちらの業者に依頼するのも思った通りの家になるでしょう。
こちらも設計と施工を一括で工務店や建設会社に依頼することになります。

思い通りの家造りをするには

このように設計・施工業者探しも大きな決断となりますがよく考えて選択しましょう。
設計の段階でほぼ大まかな仕様は決定していきます。
家具や電化製品の設置場所や生活動線や家族の暮らし方など様々な面からその家族が住みやすい設計になっているか、イメージ通りの外観になっているか等を考慮しながら設計をしていきます。
もちろんその土地の周りの環境や日当たり等を調査しながら設計していことも大事なので、それらの事を配慮した設計をしてくれるのか、また相談がしやすくアドバイスをくれる信頼のおける業者を見つけることが思い通りの家造りへの第一歩になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です